・ パリブレスト
・ 抹茶のババロア
6月のお菓子教室(ベーシックコース)_b0184436_1654837.jpg『パリブレスト』
1891年、パリとブルターニュの町ブレスト間を走る自転車レースが開かれました。
パリ近郊にあった、あるお菓子職人のお店の前の道がコースになっていたので、その職人は車輪の形からイメージして、このお菓子を発案したそうです。
リング型に絞って焼いたシュー生地にアーモンドスライスを載せて焼き、プラリネクリームをはさみます。



6月のお菓子教室(ベーシックコース)_b0184436_23393714.jpg












6月のお菓子教室(ベーシックコース)_b0184436_16575792.jpg『抹茶のババロア』
ババロアは冷菓の中でも、歴史のある古いお菓子です。発祥はドイツといわれています。
卵、砂糖、牛乳に火を通して作る、アングレーズソースがベースになっています。
ふわっと優しい口どけです♪
お抹茶の香りと美味しさを堪能できます。


6月のお菓子教室(ベーシックコース)_b0184436_1754737.jpg

# by lesoleilmidori | 2009-06-22 23:40 | 以前のレッスン(ベーシック) | Comments(0)
グラスゴーのマナーハウス_b0184436_2154485.jpg

グラスゴーのマナーハウス_b0184436_2162551.jpg

グラスゴーのマナーハウス_b0184436_10215221.jpgグラスゴーのマナーハウス_b0184436_1026318.jpg





グラスゴーのマナーハウス_b0184436_2224213.jpgグラスゴーのマナーハウス_b0184436_223427.jpg





グラスゴーのマナーハウス_b0184436_2244329.jpgグラスゴーのマナーハウス_b0184436_225325.jpg





グラスゴー郊外の500年以上前に作られた古い館、マナーハウスに泊まりました。
マナーハウスとは、その昔、地域一帯を治めていた荘園領主が住んでいたお城です。
現在では、このような貴族の館が、ホテルになり開放されています。
往時を偲ばせるままに維持され、貴族階級の生活を彷彿とさせています。
スコットランドの白夜の中、遅くまで楽しいディナーとなりました。
# by lesoleilmidori | 2009-06-22 02:35 | 教室の日々 | Comments(0)
クロネスからスコットランドへ_b0184436_0471588.jpgクロネスは、今も世界中で愛飲されている紅茶王 リプトンの両親が住んでいた街です。
両親が営んでいた雑貨店が、残っていました。そこで、今も「LIPTONS」という雑貨店をやっておられる方がいらっしゃいました。


クロネスからスコットランドへ_b0184436_15383022.jpgリプトンの両親が眠るお墓から眺めた景色です。180年~200年前、両親が見たもの、歩いたところ、川、木、同じものを見る機会を得たことは、時を越えて感慨深い思いになりました。


クロネスからスコットランドへ_b0184436_1620694.jpgクロネスからスコットランドへ_b0184436_15443667.jpgクロネスからスコットランドへ_b0184436_15491456.jpg





1859年にカサンドラハンドさんという女性が作った学校(レースを作っていたとのことです)に寄りました。ミルクティーとソーダブレッドでもてなしていただきました。かつて、クロネスの人々がリプトンに寄付をお願いしたときのリプトンからの返事の手紙がここに残っていました。

クロネスからスコットランドへ_b0184436_0544622.jpgアイルランドの北部ベルファーストから大型のフェリーでスコットランドに渡りました。1845年~50年にかけて「ジャガイモ飢饉」の難民たちが、棺桶船と呼ばれる船に詰め込まれ、この地にたどり着きました。リプトンの両親もこの海を渡りました。波が荒く、こんな大型船でも激しく揺れました。


クロネスからスコットランドへ_b0184436_154859.jpgクロネスからスコットランドへ_b0184436_164824.jpg船でのランチ紅茶はPGチップスのティーウィズミルク。



クロネスからスコットランドへ_b0184436_1413029.jpg到着地ストランラーからバスで3時間、さらに北部にあるグラスゴーに向かいました。

クロネスからスコットランドへ_b0184436_144543.jpgここが、トーマスリプトンの両親が最終的にたどり着き、トーマスの誕生地になったところです。

# by lesoleilmidori | 2009-06-22 01:47 | 教室の日々 | Comments(0)

アイリッシュシチュー

アイリッシュシチュー_b0184436_2119313.jpg
アイリッシュシチュー_b0184436_21234325.jpg
アイリッシュシチュー_b0184436_21194660.jpg


アイリッシュシチューは、日本のお味噌汁のように、ポピュラーな家庭料理です。
生後6ヶ月以内の羊、ジャガイモ、玉ねぎ、セロリなどを煮込み、塩、こしょう、ほんの少しのハーブで味付けをした、シンプルなシチューです。
味付けは塩だけ・・・その素朴さが美味しくて、私は好きです。
シチューにはジャガイモと人参を入れて、つぶしながら食べてくださいと、ジャガイモがドカンとでてきました。

実は、シチューの前の前菜が、ジャガイモのオーブン料理でした。
さすがに、ジャガイモが主食の国です。
アイリッシュシチュー_b0184436_2157252.jpg
アイリッシュシチュー_b0184436_21581268.jpgアイリッシュシチュー_b0184436_2159593.jpg
アイリッシュシチュー_b0184436_21595349.jpg

# by lesoleilmidori | 2009-06-21 21:49 | 教室の日々 | Comments(0)

ソーダブレッド

ソーダブレッド_b0184436_21371384.jpg

ソーダブレッドはブラウンブレッドとも呼ばれ全粒粉とバターミルクを使い、重曹で膨らませた素朴な味わいのパンです。
アイルランドの食卓には、欠かせないものです。

ちなみに、ソーダブレッドのソーダはベーキングソーダ(重曹)のことです。
重曹は酸と反応して炭酸ガスを発生し、その作用で膨らみます。
ソーダブレッドに、ヨーグルトやバターミルク、ミルクにお酢やレモン汁を入れたものなどを使うのは、このような理由からです。

焼きたてのソーダブレッドは、まわりはパリパリしていて、なかはずっしりと重く、もちもち感があり、噛めば噛むほどおいしいパンです。

ソーダブレッド_b0184436_2255599.jpg
ソーダブレッド_b0184436_22564879.jpgソーダブレッド_b0184436_2257367.jpg
# by lesoleilmidori | 2009-06-19 21:55 | 教室の日々 | Comments(2)

お菓子教室 ル・ソレイユのブログです。


by lesoleilmidori