b0184436_2315342.jpg

今回は、お菓子を作ることについての質問ではないのですが、
今まで何度となく聞かれたこと・・・。

「試作で作られたケーキは、どうされているのですか?」
最近では、「ブログの写真のケーキは、どういう時に作られるのですか?
そして、そのケーキは、どうされているのですか?」という質問もありました。
なんで、そんなことが気になるの~??? と思ってしまいますが・・・039.gif

ブログの写真は、教室でレッスンするお菓子のご紹介の為と、単に自分が食べたい時に作ったものなどです。

教室のためのレシピを完成させる為には、自分が納得できるまで、作ります。
少しずつ条件を変えて作り直しては、試食をして、しっくりこない場合は、何回も作りこむこともあります。
こうなってくると作るより食べるほうが大変です009.gif
(こんな環境なので、私は、やせる機会がありません・・・トホホ・・・)

納得できないお菓子は、人に差し上げることはいたしません。
なので、「ごめんなさい040.gif」と言いながら、結局は処分いたします028.gif
全部、お腹に処分していたら、おそらく今頃は・・・生きていないかも・・・032.gif

納得できるお菓子に仕上がった場合には、写真のようにちょっぴりおめかしをして、日頃お世話になっている方のもとに届けたり、学習教室に通ってくる子供たちのおやつにもなったりします064.gif063.gif

「捨てるなんてもったいない! 連絡下さればいつでも取りに来ます~。」と
おっしゃって下さる方もおられましたが、私としては、納得できないお菓子は、差し上げるわけにはいかないのです。ごめんなさい。

教室を主宰していらっしゃる方々は、皆さん同じではないでしょうか。
裏話でした・・・037.gif
by lesoleilmidori | 2010-04-07 17:25 | よくある質問 | Comments(2)

067.gif 『ココアのロール生地(共立て法)を焼くと、生地に茶色のつぶつぶが残ってしまいます』 (ベーシックコース6月のお菓子)
 

b0184436_20432128.jpg考えられる原因は、粉の混ぜ方にあると思われます。

ココアのロール生地のレシピは、水分に対しての粉の量が少ない配合なので、手早く混ぜないと、小さな粒子がくっついてダマになりやすいです。
ロール生地は粉っぽいところがなくなるまでは、手早く混ぜることが大切です。

ココアを使った生地は、ココアに含まれる脂肪分により泡が消えやすくなるため、ふくらみがでにくくなります。プレーンの生地より、混ぜる回数は、控えめにされるとよいでしょう。

また、ココアと薄力粉は、あらかじめ3回程ふるってから使うと、よりよく仕上がります。
by lesoleilmidori | 2010-04-05 21:57 | よくある質問 | Comments(0)

・いちごのショートケーキ
・フロランタン

『いちごのショートケーキ』
b0184436_14162821.jpg

今月は、厚焼きスポンジ(ジェノワーズ)をレッスンいたします。

美味しくできるまでに、5~10年はかかるといわれるスポンジです。
ふんわりと、きめが細かく、しっとりと、かつ風味のあるスポンジを焼きたいと
思います。
薄焼きスポンジ(ロール生地)とは、配合も違えば、粉の合わせ方なども違います。
美味しく作るためのポイント072.gifがたくさんあります。
ジェノワーズをマスターされることで、いちごに限らず、季節毎のフルーツや栗などを使って、ショートケーキのバリエーションを楽しめるようになります。
是非マスターなさってください。


b0184436_14255878.jpgb0184436_1426974.jpg













生クリームの扱い方や、デコレーションもレッスンいたしましょう。
トップの写真のように、生クリームを、スパチュラのあとつけながら、ラフに
塗ってみたり、デコレーションの仕方もさまざまです。


『フロランタン』
b0184436_15251389.jpg

イタリアのカトリーヌ・ド・メディシスが、アンリ2世のもとへ嫁ぐときに、フランスに伝えたお菓子で、“フィレンツェのお菓子”という意味です。

クッキー生地の上に、アーモンドのフィリングをのせて焼きます。
アーモンドがキャラメリゼされて、なんとも香ばしく後を引く美味しさです。

お勧めのゴマのバージョンも作ります。
b0184436_2041378.jpg

by lesoleilmidori | 2010-04-03 16:49 | 以前のレッスン(ベーシック) | Comments(0)