8月“ガレット&クレープ”レッスン風景

久しぶりに、教室風景を撮影しました061.gif

b0184436_14080725.jpg

“ガレット”“クレープ”は、
フランス北西部に位置するブルターニュ地方の伝統的な食べ物です。

まず初めに、そば粉のガレットを焼きます。
ばりっと香ばしく!!

一品目は、“スモークサーモンのロールガレット”を作ります。

b0184436_14085168.jpg

ガレットにサワークリームを塗り、
スモークサーモンとお野菜をクルクル。
レタス2種類、ルッコラ、紫玉ねぎ、マスタードのスプラウト、
ディル、ケッパーなどお好みで。

少しピリッとしたお野菜を一緒に巻くのがおすすめです049.gif

b0184436_14093575.jpg
b0184436_14094560.jpg
b0184436_14102542.jpg

タスマニア産のワサビマスタードを使ってソースを作りました。

「美味しいです。軽くて何個でもいけそう。」
「ソース、つけた方が美味しいわね。」と皆様。

b0184436_15441744.jpg

シードルは、りんごから作る微発泡のお酒です。
もちろんノンアルコールで069.gif

冷涼なブルターニュは、そばと並んで美味しいりんごの産地です。
ガレットとの相性はもちろん、栄養面でも最高の組み合わせなのです006.gif

b0184436_14113116.jpg

メインの“ガレット・コンプレット”
ガレットに卵・ハム・グリュイエールチーズを載せた、
もっともポピュラーな組み合わせです。


3品目は、“ゴルゴンゾーラ・ドルチェのガレット”です。

b0184436_14064369.jpg

上がグリュイエールチーズ、下がゴルゴンゾーラ・ドルチェです。

b0184436_14114102.jpg

ガレットが香ばしくパリッと焼けて、
チーズがほどよく溶けてきたら折りたたみます。

b0184436_14114840.jpg
b0184436_14120036.jpg

蜂蜜とナッツ、ポアブルロゼで。
チーズ好きにはたまらないガレットです016.gif


次はそば粉ではなく小麦粉を使った甘いクレープを焼きます。

b0184436_14091170.jpg


ジュッというくらいクレープパンと生地の温度差がある方が
クレープらしいちりめん模様と香ばしさがでて、おいしく焼き上がります。

b0184436_14090037.jpg

まずは“クレープ・オ・シュクル”から。
焼き立て熱々のクレープにお砂糖をかけただけのクレープです。

焼き上がったそばから味見。
これが一番おいしいんだな~016.gif

バターを塗るのに、フォークにキッチンペーパーを
タコ糸で巻きつけました(写真奥)

「松井棒ならぬ、理佳棒ね。」とM様041.gif


そしてクレープにつけるジャム塩キャラメルクリームを作りました。
ブルターニュ地方のゲランド半島は、美味しい塩の産地でもあります。


b0184436_14071794.jpg

フレッシュなブルーベリー、砂糖、レモン汁を火にかけます。

b0184436_14074398.jpg

あっという間に水分がたっぷり出てきます。

b0184436_14075400.jpg

煮上がったら、火からおろしてチョコレートを加えます。

“ブルーベリーとチョコレートのジャム”
この意外な組み合わせが美味しいんですよ。
おすすめです。

b0184436_14082879.jpg
b0184436_14100050.jpg

その他、サラべスのオレンジとアプリコットのスプレッドなど、
お好きなトッピングで召し上がっていただきました。


しめくくりは“クレープ・シュゼット”です。

b0184436_14104315.jpg

グランマルニエとコアントローをフランベします。
かなり炎が上がりますので、あまりおすすめできませんが・・・042.gif

b0184436_14105355.jpg
b0184436_14110367.jpg


ガレットとクレープのフルコースでした。
ブルターニュ流の食文化をお楽しみいただけましたでしょうか?

お盆を控えて、お客様を迎えられる方も多く、
「お盆のメニューにします。」と、嬉しいお言葉もいただきました043.gif



お菓子教室ランキング クリックしていただけると励みになります040.gif
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村 


by lesoleilmidori | 2014-08-12 01:15 | 教室の日々 | Comments(0)