4月のお菓子教室『アドバンスコース』

・エクレール・オ・キャラメル & ショコラ 
・グリオッティーヌのケーク
・ミント風味のパンナコッタ

『エクレール・オ・キャラメル  エクレール・オ・ショコラ』
b0184436_1512081.jpg

エクレアとは、電光石火という意味。電光石火のようにすばやく一口で食べるお菓子、ということで名付けられたそうです。

最近は、彩りも美しくさまざまな風味のエクレアが作られていますが、エクレアは本来チョコレート風味か、モカ風味のお菓子です。

見た目はシンプルなお菓子ですが、とても難しいお菓子だと思います。
しっかり焼き上げたシュー生地の食感と香ばしさ、フォンダンの刺激的な甘さと、濃厚なクリーム、この3つのバランスの良さが、ワンランク上の味を生み出します。

b0184436_1464657.jpg

シュー生地は、美しく絞ります。長さは14cm位。
細長くスタイリッシュに。

b0184436_150743.jpg

香ばしくカリッと焼き上げます。
クリームを詰めたら、フォンダンをかけます。
フォンダンの濃度を見きわめます。
柔らかすぎると、塗ったとき下に垂れてきますし、硬いと塗りづらくなります。
フォンダンの輝きは、温度管理、練り加減で決まります。
人肌以下の温度を保つことで、つやが失われることはありません。

b0184436_1521329.jpg


『グリオッティーヌのケーク』
b0184436_19491636.jpg

b0184436_2072188.jpg
プルー社のグリオッティーヌ・オ・キルシュを
焼き込みました。

ワンボウルで作れる、お手軽な焼き菓子です。
マジパンから作るので、とてもしっとりとした
仕上がりです。
焼いて2~3日経った頃が、味に深みが出て
より美味しくなりますよ。


『ミント風味のパンナコッタ』
b0184436_17193917.jpg

イタリア語で、パンナは「生クリーム」、コッタは「煮る」を意味します。
細かく刻んだミントが、全体を爽やかにしてくれています。
フルフルなめらかで、とろけます。
あ~、バケツで食べたい003.gif

4月の『アドバンスコース』は、ご希望があれば、5月もレッスンさせていただきます。どうぞお気軽に、お問い合わせください。 ⇒ コチラ

お菓子教室ランキング クリックしていただけると励みになります040.gif
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村      
by lesoleilmidori | 2011-04-05 21:30 | 以前のレッスン(アドバンス) | Comments(0)