パリのお菓子屋さん巡り part 1

パリに出かけた際、パティスリー(お菓子屋さん)、ブーランジェリー(パン屋
さん)、ショコラティエ(チョコレート屋さん)などを巡った、美味しい話です。

とても全部は紹介できないので、印象に残ったお店の写真をアップします。

『ピエール・エルメ』(6区)
b0184436_13222196.jpg

b0184436_13224518.jpg
ピンクのケーキ 「イスパハン」 です。
ピンクのマカロンの間にはバラの花の香りのクリームとフランボワーズ。
クリームの中には、ライチの果肉がしのばせてあります。
とてもエレガントでパリの味。
b0184436_13232836.jpg

b0184436_1327592.jpg

ピエール・エルメのお店は、日本にも出店されていますが、フランスのお店
そのままで、またパリに行ったような錯覚を覚えます。

『ジュラール・ミュロ』(6区)
b0184436_14293047.jpg

b0184436_13322031.jpg

b0184436_1333939.jpg

b0184436_13332741.jpg

b0184436_13334454.jpg


『ローラン・デュシェーヌ』
b0184436_13471395.jpg

b0184436_13491675.jpg

b0184436_1349567.jpg

b0184436_231442.jpg

b0184436_13501264.jpg

Meilleur Ouvrier de France, M.O.F.(フランス最高職人賞)を獲得
されてます038.gif
ここは、特にエクレアが美味しかった~!
早く食べたくて、パリっ子のように、歩きながら食べました060.gif

『ダ・ローザ』
b0184436_1484599.jpg

b0184436_14949.jpg

b0184436_149215.jpg

b0184436_15373691.jpg

地中海地方の食材のセレクトショップです。
ハモン・イベリコ、オリーブオイル、パスタ、クリスティーヌ・フェルベールさんのジャム、ワイン、グラッパなどなど・・・。
お土産に買ったのは、ソーテルヌ風味のレーズンチョコ。

『ピエール・マルコリー二』
b0184436_14101820.jpg

b0184436_1410365.jpg


『ジュラール・ミュロ』(13区)
b0184436_14112367.jpg

b0184436_14113746.jpg

b0184436_1412358.jpg

b0184436_15351994.jpg

b0184436_14121893.jpg

b0184436_141234100.jpg

b0184436_14125930.jpg

b0184436_14132371.jpg

b0184436_1413415.jpg

b0184436_15451338.jpg

最後の写真、無花果がのっているケーキは、このお店のおすすめ072.gif
「洋ナシと無花果のタルト」です。
大きな天板で焼いてあって、量り売りしてくれます。
ピスタッチオクリームと洋ナシをベースにしたタルトです。
無花果は、ヴィオレット種のもので、小さめで色も味も濃く美味しい。
タルト生地は厚みがありしっかり焼いてあって、クリームとベストマッチです053.gif

ここミュロのお菓子は、飾りつけや色使いがとても洗練されています。
キッシュなど、お惣菜系も充実。

『ラ・コルヌ』
b0184436_14212795.jpg

b0184436_14214459.jpg

パリで1番古い道具屋さん。

『ル・コントワール・ド・ファミーユ』
b0184436_1423381.jpg

雑貨屋さんは、すでにクリスマスモードに突入です。
ここで、カフェオレボールを一つ買いました。

『ピエール・エルメ』(15区)
b0184436_14342255.jpg

ガンダムのような人形がパウンドケーキを持ち上げています037.gif
とても小さいお店。

『クリスチャン・コンスタン』
b0184436_14582933.jpg

b0184436_14364593.jpg

b0184436_143752.jpg

b0184436_15344648.jpg

とても洗練されたショコラティエです。
ショコラは全体的にビター感が強い感じ。
「タルト・フォンダン・ショコラ」は、少し苦味が利いて、バランスも口どけも良く、すばらしい。

『ジャン・シャルル・ロシュー』
b0184436_14382215.jpg

b0184436_14384437.jpg

b0184436_168539.jpg


ロシューさんがいらっしゃいました001.gif
「アーモンドチョコ」を薦めてくださいました。
スペイン産のマルコナ種のアーモンドをキャラメリゼし、チョコレートでコーティングしてあります。
衝撃的に美味しくて、日本に帰ってからも毎日一粒ずつ大事に食べました。
フルーツ入りの板チョコも薦めてくださいました。オレンジ風味でした。
こちらもあまりに美味しくて、買いました。それとオランジェットも。
このお店は、私のお気に入りになりました 072.gif072.gif072.gif
宝石のような「ボンボン・オー・ショコラ」、ぜ~んぶ食べてみたい053.gif

お菓子屋さん巡り、次回へ続きます。
Commented by chocolamotoo at 2009-11-12 22:59
数々のお菓子、おいしそう♪目の毒です(笑)
フランスのケーキ屋さんは、どっさりマカロンがあるんですねー。
日本のおせんべいみたいな感じなのでしょうか??
チョコレートもつやつやしてますね、おいしそう!!
Commented by lesoleilmidori at 2009-11-14 12:02
最近の写真ではなく、以前行った時のものです。
そう、マカロンは、どっさりでしたー。
各お店で3~4個ずつ選んで袋に入れてもらい色んな味を体験しました。
どれだけのケーキが胃袋の中へと消えていったことでしょう・・・(恐)
また行きたい~!
新作のケーキも発表されていれば、食べてみたいです。
今月の教室は、「タルト・オー・ショコラ」です。
又、お話を伺うのをを楽しみにしております。

by lesoleilmidori | 2009-11-12 10:35 | 教室の日々 | Comments(2)